ブログトップ


大阪梅田にあるカメラの大林より、鉄道写真がメインのブログです!


by OHBAYASHI

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

甲南山手でEF200代走撮影
at 2018-12-10 18:03
阪急ジュベナイルフィリーズH..
at 2018-12-08 15:03
227系1000番台を初撮影
at 2018-12-04 13:38
EOS Rで阪急を撮り鉄
at 2018-12-02 18:26
高山本線と紅葉 その2
at 2018-11-27 16:21

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月

カテゴリ

全体
鉄道
阪急
JR西日本
JR東海
貨物
その他私鉄
飛行機
写真
カメラ
仕事
趣味
未分類

記事ランキング

画像一覧

α7Ⅲ・α7RⅢのセミナーを開催しました!

皆様こんにちは(^^)/

今回は昨日開催いたしましたソニーα7Ⅲ・α7RⅢのセミナーを開催しましたので、
その模様を少しご紹介したいと思います。

今回のセミナーも午前・午後の二回実施いたしました。
講師の方はポスター等でもご案内させていただいた井川 拓也先生、
そしてモデルをして頂いたのが山本 莉子さんです。

セミナーではテレビを使用しながらα7Ⅲ・7RⅢの特徴や性能の差、
そして実際に撮影する際のポイントや機能説明を最初に行いました。
井川先生は本も書かれているので、ミラーレスカメラに特化してわかりやすい説明でした。
ちなみに出版中の本はコチラ↓
d0352155_10520983.jpg

今回モデルの山本 莉子さんも本の中のモデルで出ているそうですよ。(`・ω・´)

話をセミナーに戻しまして…
30分ほど話や説明をして頂いた後は、実際に撮影の時間です!
室内から順番に大きく3カ所で撮影を行いました。

最初は室内の窓辺から


d0352155_11460271.jpg

デモ機のレンズと一緒に。
カメラボディもα7Ⅲ・α7RⅢのどちらかを参加者全員にお渡しして、レンズ交換しながらの撮影でした。
気になっていたレンズをお試しいただけたんじゃないでしょうか?
ちなみにレンズの一番人気ポートレート向きのは85㎜F/1.4GMレンズでした(^_^)



d0352155_11111701.jpg


望遠から広角までレンズをご用意しましたので、色々なレンズに付け替えながら撮影されていました。
広角レンズの16-35㎜F/2.8GMや12-24㎜F/4 Gレンズなどでグッと寄ってるシーンも(^^♪
皆様色々な角度から撮影されていらっしゃいました。


d0352155_11491103.jpg

続いてカウンター内に入ってもらい、外側からの撮影。

d0352155_11535368.jpg
d0352155_11542637.jpg

このような雰囲気の中での撮影は今までに無かったのではないでしょうか?
カウンターや後ろの本棚等が今までにない雰囲気を作り上げていました(*^▽^*)

そして最後は外の庭で撮影です。
屋外では緑の背景を活かして皆様撮影されていました。

d0352155_11551216.jpg


一通り撮影が終了した後は皆様に写真を1枚選んでいただき講評会を行いました。
皆様レベルが高く、先生からのコメントも予定してた一人3分弱に収まりきらず、
犬の鳴き声タイマーが吠えまくってました(*´ω`*)

実際に店頭にもデモ機等は置いていますが、やはり実際に使用してみないと感じられない部分があると思います。
自分に合ったカメラを選ぶためにもこのような機会があれば是非参加して頂きたいです(^_^)

今後もこのようなセミナーを開催していくと思いますので、興味のある方や比較してみたい方は
次回以降のご参加お待ちしております<m(__)m>

そして最後になりましたが、今回のセミナーに御協力頂きました井川 拓也先生、山本 莉子さん、
ソニーの皆様、ありがとうございました。
この場をお借りして厚く御礼申し上げます。


[PR]
# by ohbayashi-camera | 2018-10-29 14:49 | カメラ | Comments(0)

キティ新幹線をα7Ⅲで…

皆様こんにちは。

昨日はCanon EOS Rのご紹介をさせていただきましたが、
本日はいつも通り撮り鉄してきたので写真を載せてまいります('◇')ゞ

今回向かったのは何度か訪問している、山陽新幹線 大津トンネル。
いつもと違う点は題名にもある通り機材がα7Ⅲになっております!
今週の日曜日に開催するソニーα7Ⅲ・RⅢのセミナーに先駆けて
機材をお借りさせていただいたので、そちらで撮影に向かいました。

今回の写真で使用しているのは、
α7Ⅲ・100-400㎜GMレンズに2倍のテレコンバーターをつけて撮影した写真です。
それではご覧ください(^^)/

d0352155_16474641.jpg

1/500秒 f/11 800㎜(SEL100400GM+SEL20TC) ISO160

9時過ぎに到着したのですが、先着の方が2人いらっしゃったので、その後ろから狙いました。
到着後すぐに来た新幹線がこちらですが、三脚も立て終わらないうちに来たので後ろが切れてしまいました。
目的のピンクまで一時間ほどあるので、その間に微調整していきます(; ・`д・´)

d0352155_16442322.jpg

1/2000秒 f/16 582㎜ ISO1600

次に来たN700系です。やはり後ろが苦しいです。

d0352155_16532653.jpg

1/2000秒 f/16 552㎜ ISO1600

高さを低くして次のN700系を撮影。まだ後方のパンタグラフが切れる…(´;ω;`)
そしてシャッターが少し早すぎました。

d0352155_16561012.jpg

1/2000秒 f/16 636㎜ ISO1600

個人的には先程から変えたつもりが、全く変わっておらず…
シャッターのタイミングは良くなりました(^_^)

d0352155_16575835.jpg

1/2000秒 f/14 524㎜ ISO1600

新幹線を待つ間も試し撮り。来た時の妄想をしながら構図を調整。

d0352155_16590888.jpg

1/2000秒 f/11 524㎜ ISO1250

一つ目のパンタグラフが切れない高さまで持ってこれました。
キティちゃんは8両編成なので行けそうです(`・ω・´)

d0352155_17030623.jpg

1/2000秒 f/11 524㎜ ISO1250

やってきましたキティ新幹線!いつも通りの派手なピンク色なので来たのがすぐわかります。
ちなみに今回、大津トンネルのキティ新幹線通過時刻(新大阪行)は10:07分頃でした。
大阪からだと車で2時間弱かかるので、朝は早めに出るのがおススメです!
(特に大津トンネルは有名・人気撮影地なので撮影者も多くいらっしゃいます。
車も止めるスペースに限界があるので注意してください)

せっかく来たので次の列車も待つことに。

d0352155_17082420.jpg

1/2000秒 f/11 524㎜ ISO1250

これでミッションクリアしたので、次の撮影地に移動しました。
初めてフルサイズミラーレスで撮り鉄しましたが、想像以上に使いやすかったです。
天気も良かったので、F値もあまり気にならなかったのも+でした。
特にα7ⅢはF11でAFが使えるので、今回のように100400に2倍のテレコンでも快適です。
EOS Rとのように近々レポートしたいと思います。

そして最後に皆様へお知らせです!
今回使用させていただいたα7Ⅲとα7RⅢの体感セミナーを実施いたします。
セミナーではプロカメラマンの井川先生にカメラと撮影の説明をして頂き、
モデル撮影で実際にお試しいただけます!
カメラ・レンズはご用意しておりますので、持ち物はSDカードのみ。
午後の部はまだ少し空きがございますので、この機会にいかがでしょうか?
お申し込みは電話でも可能ですので、是非ご参加お待ちしております<m(__)m>

セミナーの申し込み用紙はこちらからプリント可能です。
セミナー御申し込み用紙

当店電話番号はこちら  TEL 06-6341-8091


[PR]
# by ohbayashi-camera | 2018-10-26 11:20 | 鉄道 | Comments(2)

鉄男のカメラ紹介 Canon EOS R編

皆様こんにちは。今回は写真から少し離れて、カメラの話になります。
一応カメラ屋のブログなので当たり前なのかもしれませんが…(;'∀')

しかし、そのまま紹介するだけではメーカーHPを見て頂いた方が早いので、
鉄道撮影に限定した目線で紹介させていただきたいと思います(`・ω・´)

さて、今回紹介させていただくのは本日新発売のCanon EOS Rです(^^)/

d0352155_14111123.jpg




目次

描写性能

描写性能

せっかく写真を撮影するなら高画質の方が良いのは当たり前ですね。
画質自体はカメラ本体・レンズ等総合的に決まりますが、
今回は本体側で変わるところを中心にお話しします。


画素数

d0352155_20463659.jpeg


まずカタログ・POP等で一番目に付く画素数。EOS Rの画素数は約3000万画素です。
ちょうどEOS 5D?と6DMark?の間になりますが、鉄道撮影では十分な画素数です。
またEOS Rでは撮像範囲をAPS-Cサイズに変更できるクロップ機能が搭載されました!
その際画素数は約1160万画素になりますが、パソコン・スマホなどでは十分ですからね
焦点距離も1.6倍にされるので、いざという時に便利な機能です。

ISO感度

こちらも目に付く機能ですが、このノイズの許容できる量は人や用途によって様々…
カタログ上では常用100〜40000とありますが、実際に40000では厳しい印象。
7D?との比較では、1段〜2段分くらい良くなっていると感じました。
5DMark?との比較でも7D?程ではありませんが、改善されているように感じです。


オートフォーカス性能

動く被写体である鉄道を撮る際は一番気になるポイントですね。
撮影地に行って、1時間以上待ってようやく撮影した後確認したらピントが甘い…
この時の絶望感はすごいです。(私の実力が足りないのもあるのですが)
そんなリスクを減らすためにも、AF性能にはこだわりたいものです。

ピントの早さ

ミラーレス初期の頃はやはりこのピントが合うまでの早さが一つの課題でしたが、
いまは技術の進歩でこの問題はほぼクリアされたと思います!
今回のEOS Rでは最新のデュアルピクセルCMOS AFを搭載しております。
d0352155_22511328.jpeg

従来のAFよりも高速になっており、鉄道撮影でも十分なスピードになっています。
一眼レフではライブビュー撮影時のみこのAF方式だったのが、
ミラーレスではEVF撮影時もこのAF方式になっています。
このAFスピードであれば鉄道でも十分使えます!


AFの追従性能

こちらも鉄道撮影では良くお世話になります。
この機種では被写体の奥行き情報も活用し追従するので、
面縦の時のような向かってくる時の追従も良くなっております。
d0352155_22564667.jpeg

追従性能は上がったのは大歓迎ですが、
サーボAF時に連写コマ数が5コマまで落ちてしまうのが惜しいところです。


AFエリア

AFエリアの拡大はミラーレス機の得意分野でもあります。
デュアルピクセルCMOS AFでもあるようにセンサーの全域でピントを検知できるので、
最大縦100%:横88%の範囲にフレームを持ってこれます。(画像の赤枠)
EF-Sレンズ、エクステンダー、クロップ時は縦横80%になります。(画像の青枠)
d0352155_22575015.jpeg

鉄道ではピントを合わせたい先頭車両が画面端に来ることが多いので、
この機能はとても有効になります。


暗所でのAF性能

夕焼けの中や闇鉄する時に大事になるのが暗所でのAF性能。
レンズの種類にもよりますが最大-6AV〜11AVまでと大幅にに改善されております!
EOS 5D?が−3までなのですごい進歩です。
一眼レフでは中心付近のみだったAFのF8対応が
測距点全域でF8/F11対応になっていますので、
エクステンダーのAF対応も広がりました。
新幹線等 超望遠が必要な時はかなり助かります。

マウントアダプター使用時

現在Canonを使われている方はきになるポイントですね。
鉄道に必須の望遠レンズがRFマウントではまだ無いので、
現在のレンズ資産を活かす意味でもアダプターは重要になります!
EOS R発売に合わせてマウントアダプターも4種類発表されていますが
(同時発売は二種類)
鉄道を撮る時はコントロールリング付きのアダプターがオススメです。
d0352155_13492586.jpg

絞りやISO感度などを素早く操作できるので、とっさの時に重宝します。
またアダプターを介した時のAF性能ですが、ピント速度は全く変わりません
実際にアダプターを付けて試し撮りをしても、
一眼レフと変わらないスピードで動作しました。
RFレンズ比較した場合にはAFエリアの縦が若干狭くなりますが、影響は無いと思います。



使用感

こちらに関しては個人差がとてもありますので、
実際に店頭デモ機などで体験してみてください。
下記内容は鉄男個人の感想ですので、参考程度に見てください<m(__)m>


EVF

一眼レフとの違いはやはりファインダーですが、
EOS Mシリーズやコンパクトカメラとの比較ではかなり見やすくなっています。
また露出を変えた際に結果がすぐわかりますし、タイムラグも気になりませんでした。
しかし自然な見え方は光学ファインダーの方が依然有利…
ファインダー見え方は個人差が激しい所でもあるので、
特に一度確認が必要な個所でもあります。

コントロールリング

d0352155_23102906.jpeg

RFレンズと一部マウントアダプターに搭載されているコントロールリング。
レンズに操作ボタンを配置したのは各社ありますが、
リングにしたのがRFレンズの特徴でもあります。
カメラを構えているときは基本左手が空くので、リングにISO感度や絞り、
シャッタースピードを割り当てることで素早く操作できます。

d0352155_23103970.jpeg

クリック感もあり素早く、そして微調整もしやすいのでとても便利です。

バリアングル液晶

d0352155_23111638.jpeg

フルサイズカメラですが今回はバリアングル液晶になっております。
ロー&ハイアングル撮影が楽になりますが、鉄道撮影では180度回転する必要がないので
チルトモニターのほうが使いやすいと感じました。

マルチファンクションバー

d0352155_23114312.jpeg

EOS Rで新搭載のマルチファンクションバー。
残念ながら個人的にはとても使いにくいです。
ダイヤルではない分微調整がしにくいですし、
反応もまちまちなので素早く操作しにくくなりました。
しかし動画撮影では音がしない分有利なので、動画鉄の方にはオススメです!
様々な機能を割り当てたりOFFにすることが可能なので、
自分に合ったカスタマイズが必要ですね。

バッテリー

こちらは一眼レフと比較して大幅に少なくなり最大370枚になっております。
カタログ上なので実際に撮影できる枚数は前後しますが、
鉄道撮影で遠征するときはスペアバッテリーが必須になります。
付属バッテリーのLP-E6Nでは本体充電が可能になったので、
移動中の充電や携帯のモバイルバッテリーからUSB充電できます。
※従来のLP-E6使用時は本体充電ができません。
また本体充電中は撮影ができないので注意が必要です。


まとめ
EOS Rでは新機能も多く搭載され、かなり攻めたフルサイズミラーレスだと思います。
ただ、初めてのフルサイズミラーレスということで、
バッテリー寿命やレンズラインナップ等鉄道撮影には難しい点も多いです。
特に鉄道で必須になる望遠レンズがまだRFマウントには無いので、
新しく鉄道写真を始める方にはまだまだ厳しいと思います。
※あくまでも被写体を鉄道に限定した時です。
ただレンズを既にお持ちの方や、APS-Cカメラとの兼用であれば
このカメラの良さが活きてくるのでは無いでしょうか?

鉄道撮影ではまだまだミラーレス一眼を使われているのを見ることが少ないですが、
技術の進歩で鉄道などの動体撮影でも使える選択肢に入るようになりました。
今後も各社が競い合い、更に発展していくのに期待ですね!

以上でカメラ紹介は終了です。
初めてこのような記事を書くので読みにくい箇所も多いと思います。申し訳ありません。
わかりにくかった箇所やご要望、質問等あれば随時対応させて頂きますので、
是非コメントをお願い致します。

次回は普通に写真を掲載する予定なのでお楽しみに。


[PR]
# by ohbayashi-camera | 2018-10-25 16:31 | カメラ | Comments(0)